注目キーワード
  1. FP試験
  2. 銀行業務検定

FP2級独学合格ためのテキスト3選【FP1級技能士が紹介】

FP2級の市販の教材が多くて、どれが良いかわからない。

そもそもFP2級って独学で合格できるの?

 

FP2級は受験者も多いことから、市販の教材も充実しており、独学合格はできるよ!

 

運営者ネコルフ
ただ、市販教材が充実し過ぎて、どれを選べば良いか分からないって悩みは良く聞くね。

 

僕もFP2級を受験した際、周りに聞く人がおらず、教材選びに苦労しました。

 

そんなわけで、実際に本屋に出向き、全ての教材に目を通したうえで、おすすめできるテキストを”3冊”抽出したのでお伝えします。

 

この記事でわかること

テキスト選びで失敗しない3つのポイント

おすすめテキスト3冊の特徴(利点・欠点)

あなたに合うテキスト

 

市販教材だけでFP2級を24日間で一発合格しています。

市販教材だけでFP1級を10週間で一発合格しています。

これまでに10名以上のFP2級不合格者を合格へと導いています。

 

迷える子羊
おすすめテキストは1冊じゃないんだね。

 

ネコルフ
どんなテキストにも強みと弱みがあるので、おすすめテキストはコレって、1冊だけを断定するのは、ちょっと乱暴かな。

 

ネコルフ
だからといって、おすすめ10選にすると、結局何が自分に合っているか掴みづらいので3冊に絞ったよ。

 

 

こんな人におすすめ

たくさんあるテキストのどれが良いかわからない

FP2級を独学で挑もうとしている

市販教材に不安がある

 

また本記事では、おすすめテキストと併せて、

テキスト選びで失敗しないポイントも紹介します。

 

失敗しないポイントを理解したうえで本記事を読めば、自分に合ったテキストが分かり、買い直す失敗を避けられます。

 

ネコルフ
FP2級の合格の秘訣は自分に合った教材効果的な勉強法を用いること!

 

≫あわせて読みたい:FP2級を独学で一発合格するための勉強法【誰でも実践可能!】

 

FP2級独学合格:テキスト選びで失敗しない3つのポイント

 

FP2級のテキスト選びで失敗したくなければ、3つの項目に気をつけましょう。

 

テキスト選びのポイント

①分かりやすさ

②網羅性

③出版社

 

順に解説します。

FP2級のテキストを選ぶ基準①:分かりやすさ

FP試験の分野は、下記6つに別れているが、

正直、実務か関連資格がない分野は、最初のインプットから苦労します。

 

  1. ライフプランニングと資金計画(年金・社会保障)
  2. リスク管理(生命・損害・第三保険)
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

 

苦労する理由の1つが、関わりがないとイメージができにくいことである。

この”イメージできにくい”を明確にさせるのが、教材の腕の見せどころである。

 

また、分かりやすさを度外視すると、

  • 間違った解釈をしたまま突き進む
  • 理解できない項目が、どんどん増える

 

結果として、正しく理解できれば簡単に解ける問題も、取りこぼしてしまいます。

 

ネコルフ
「理解していないと解けない」はFPに限らず、他の試験にも言えることだね!

 

FP2級のテキストを選ぶ基準②:網羅性

テキストの役割は…

  • 最初のインプット
  • アウトプット(問題集)で躓いたときのフォロー

 

しかし、FP2級は非常に範囲の広い試験であるため、

この2つの役割(インプット・フォロー)を果たそうとすると、網羅性のあるテキストが必要となってきます!

 

また、FP2級で意外と多いのが、少しマニアックだけど、知っていれば正解できる問題が多いこと!

 

そのため、網羅性があるテキストだと、思わぬ恩恵が受けられます。

 

迷える子羊
市販問題集でよく見かける”テキスト+問題集”では、網羅性の点で不安が残るってわけね。

 

ネコルフ

テキストと問題集をそれぞれ揃えても、網羅性では不安が残るのがFP2級試験。

 

ネコルフ
したがってテキスト+問題集の教材は、今回の記事では除外したよ。

 

FP2級のテキストを選ぶ基準③:出版社

FP2級は年間13万人程と受験者数が多い試験です。

 

そのため、出版社側の視点でみると、売上を伸ばせる場でもあるため、色々な出版社が参入しています。

 

そして、中には受験者からの支持が得られず、数年で撤退する出版社もあります。

 

このような現状から、FP2級の実績を出している出版社の方が、ハズレを引きにくいです!

 

  • 業歴が長い=受験者からの支持を得られている。
  • FP分野の業歴が長い=出版社の部門でも予算を確保
  • 予算確保により、競合相手に遅れを取らない!より良質な教材を目指せる!!

 

ネコルフ
昔からFPの教材を出版している会社の方が安心感はあるね。

 

FP2級独学合格:おすすめテキスト3選

実際に本屋で確かめてきて、FP2級独学合格におすすめできるテキスト3選は下記のとおり。

 

おすすめテキスト

みんなが欲しかった!FPの教科書2級(TAC)

最短合格2級FP技能士(きんざい)

FPの学校2級(ユーキャン)

※前述した通り、順番=順位ではございません。

 

FP2級おすすめテキスト①:みんなが欲しかった! FPの教科書 2級

 

 

みんなが欲しかった! FPの教科書2級の特徴

 

  • FP2級テキスト売上部門1位
  • 分かりやすさに特化
  • 出版社はTACの滝澤ななみさん
  • 網羅性にやや欠ける
  • 各項目の重要度が分からない。

 

FP2級テキスト売上部門1位

ネット上の合格体験記を見ると、”みんなが欲しかった!FPの教科書”の利用が目立ちます。

 

それもその筈!

 

”みんなが欲しかった!FPの教科書”は、AmazonのFP2級売上ランキング1位!

 

更に言えば、”みんなが欲しかった!シリーズは、他の資格でも人気を誇りベストセラー化しています。

 

実際、様々な本屋に出向いても、FP2級の教材が置いてある店ならば必ず見かけます。

 

そして、迷ったらコレって感じで、置いてあります。

 

ネコルフ
人気があるってことは、万人受けが良いってことだね!

 

分かりやすさに特化

人気の秘密は、イラストや図解を積極的に用いて、分かりやすく説明していること!

 

他のテキストでは文章だけで表現していることも、”みんなが欲しかった! FPの教科書”は図解で説明してくれるので、

イメージが具現化され、理解するまでのスピードは早まります。

 

また、本質的な理解にも繋がります!

 

FP2級の不合格者(未受験)の勉強でありがちなのが、

  • 理解ができない項目を放置して、そのまま受験
  • 理解できない項目が増えて、挫折してしまう

 

しかし、”みんなが欲しかった! FPの教科書”からは、

理解に苦しむ受験生を、少しでも減らそうとする気概が感じられます!

 

ただし、独特のフォントと色文字は好みが別れるので、サンプル画面で必ず確認しましょう!

(イメージとしては女子のメモノート)

 

ネコルフ

実際に教える立場になったとき、受験生がこの教材を使用していると、教えるのが楽だったよ。

 

ネコルフ
やはり図解の方が、イメージが湧く分、”理解”のハードルは低くなるね!

 

出版社はTACの滝澤ななみさん

出版社は資格の大手専門学校であるTAC。

 

さらに著者は、”みんなが欲しかったシリーズ”で有名な滝澤ななみさん。

 

滝澤ななみさんは、FPに限らず、簿記や宅建などでも実績を出しています。

  • TACの試験分析ノウハウ
  • 滝澤ななみさんのコーチ力

みんなが欲しかった! FPの教科書”は、この2つが合わさった教材であるため、絶対的な安定感があります。

 

網羅性にやや欠ける

FP2級試験で、絶対に落としてはいけない初級レベルの知識は、”みんなが欲しかった! FPの教科書”で十分に身につけられます。

 

しかし、一歩踏み込んだ中級・上級レベルの知識習得は難しい!

 

したがって、”みんなが欲しかった! FPの教科書”を購入する場合、

不足となる中級・上級レベルの知識を、問題集で補う必要が出てきます。

 

ネコルフ

実際に多い声が、「問題集や過去問で出てくる言葉がテキストには出てこない!」だけど、それは他のテキストでも同じことが言えるし、自分で調べて書き加えれば解決する問題。

 

各項目の重要度が分からない

インプットにおいて、各課題の重要度判定や過去の出題傾向等を知ることは、非常に重要である。

 

しかし、”みんなが欲しかった! FPの教科書”では、重要度判定が記載されていないので、

重要度の低い分野を必死に覚えてしまったり、

逆に重要度の高い分野を疎かにしてしまうリスクがある。

 

ネコルフ

ムラなく学習することも大切だけど、試験合格にフォーカスした場合、重要度の高い問題ほど勉強時間を割く、ムラのある学習の方が効果的だよ。

 

対策としては、インプットにあまり時間を掛けず、早めに問題集に取り掛かること。

 

問題集を2回転すれば、重要度の高い・低いは分かってきます。

 

みんなが欲しかった! FPの教科書2級は、こんな人におすすめ

 

おすすめな点

文章より図解やイラストの方が、理解しやすい

理解が難しい問題にぶつかると、やる気が失せる

みんなと同じ教材の方が安心する

テキストには網羅性より、分かりやすを求めている

 

ネコルフ

3つ目は??って思う方もいますが、自分の選択に自信がないと、勉強していく過程で不安になって、身が入らないってこともあるよ!

 

ネコルフ
また、一番人気を利用していれば、「みんなこの壁を乗り切ってきたんだ!」って踏ん張れる利点もある。

 

FP2級おすすめテキスト②:最短合格2級FP技能士

 

 

最短合格2級FP技能士の特徴

 

  • 出版社はきんざい
  • 網羅性が高い
  • 教科書より専門書
  • お値段はやや高め

 

出版社はきんざい

ネット上の合格体験記を見ても、

  • 最短合格2級FP技能士
  • みんなが欲しかった! FPの教科書2級

 

この2つが、圧倒的におすすめテキストとして推奨されている。

 

人気の最大の秘密は出版社。

なんと、出版社はFP2級の主催団体である”きんざい”である。

 

出版社=主催団体であるため、テキストに的外れな項目は入っていません。

 

網羅性が高い

本家だけあって試験範囲の内容は、しっかり網羅している。(100%ではない!)

 

テキストの役割は、前述した通り以下2つ。

 

  1. 最初のインプット
  2. アウトプット(問題集)で躓いたときのフォロー

 

”最短合格2級FP技能士”は、この2つの役割を十分に果たすことができる。

 

ネコルフ
かわいいイラストはなく、文章や表が主体の王道テキストだよ。

 

本家だからといって、過度の期待は禁物。

FP2級の教材に多くの出版社が参入していることは、裏を返せば、それだけ”付け入るスキ”があることを物語っています。

 

教科書より専門書

最短合格2級FP技能士は、読みながら”教わる”のでなく、読みながら”学ぶ”イメージの方が強い。

 

そのため、受動的な態度でインプットしようとすると、どころどころ躓きます!

 

 

ネコルフ
そもそも、”きんざい”は資格対策を生業にしているわけでないため、教えるノウハウが低いのは当たり前ですね。

 

もし、下記3つのどれにも該当しない場合は注意しましょう。

 

  1. 3級でしっかり基礎知識が身についている
  2. 実務分野で多くの分野に携わっている
  3. 理解し難い課題は、自分で積極的に調べる習慣がある

 

このように書くとデメリットが大きいと感じてしまいますが、受動的な知識より、能動的に得た知識の方が、血となり肉となります。

 

幸いにも、ネット上には有益な情報がたくさんあるので、FP2級受験を機に調べる(ググる)習慣を身につけましょう。

 

僕自身も受験の勉強の際、馴染みのなかった不動産分野は、不動産会社のHPにお世話になりました。

 

ネコルフ
販売会社のHPは、素人に分かりやすく伝えることに注力しているので、おすすめですよ。

 

お値段はやや高め

本家ブランドで足元をみているのか、お値段は税込み2,860円とやや高い。

 

他のテキストは2,000円程度が大半です。

 

ただし、学科が実技のどちらか落としても、4,000円以上の損失が発生するので、相性が良いと感じたら、ケチらず買いましょう。

 

最短合格2級FP技能士の特徴はこんな人におすすめ

 

おすすめな点

文章を自分なりに図解して理解するのが得意

3級で基礎知識がしっかり身についている

分からない項目を調べることは苦でない

テキストには網羅性を求めている

独学の勉強に慣れている

 

ネコルフ
簡単に言うと、独学中級者向けのテキストですね!

 

FP2級おすすめテキスト③:FPの学校2級

 

 

FPの学校2級特徴
  • 出版社はユーキャン
  • 計画性を手助けしてくれる
  • シンプルで分かりやすい
  • 一問一答問題が多い。
  • 網羅性には欠ける

 

出版社はユーキャン

出版社は通信講座で有名なユーキャン。

 

ユーキャンはFP講座に昔から注力しており、2020年のユーキャン人気講座ランキング3位に入るほど好評である。

 

そんなユーキャンのノウハウの詰まったテキストは、実際に見てみると「さすが!」の一言。

 

「さすが!」と感じた点は、以下2つ。

 

  1. 計画性の手助け
  2. シンプルで分かりやすい

 

詳しくは下で述べていきます。

 

計画性を手助けしてくれる

ユーキャンのテキストの特徴は、1日の学習量が設定されていること。

(1分野を7日間で設定されているので、6分野を42日間で終わる設定となっている。)

 

実はスケジュール管理も合否に大きく影響します!!

 

実際に不合格者に多いパターンが、6分野の中で勉強時間にムラができてしまい、中途半端な状態になること!

 

こんなイメージです。

  1. ライフプランニングと資金計画・・25%
  2. リスク管理・・25%
  3. 金融資産運用・・20%
  4. タックスプランニング・・15%
  5. 不動産・・10%
  6. 相続・事業承継・・5%

 

ネコルフ
小中学校の時の、僕の夏休みの宿題のような偏り配分ですね。

 

FP2級の合格の秘訣は、各分野共に基礎問題を取りこぼさないことである。

 

しかし、勉強計画が狂うと上記のイメージのようになり、基礎問題すら解けない事態に陥ります。

 

そんなわけで、一日ずつ勉強の分量が決められたユーキャンのテキストは、心強いです。

(スケジュールの遅れにも気づきやすい!)

 

シンプルで分かりやすい

FP2級は試験範囲が膨大です!

 

そのため時間を掛けて勉強すると、最初に勉強した項目を忘れてしまっていることは、往々にしてあります。

 

FPの学校2級は、そんな”忘れ”を軽減するために、インプットを必要最小限に抑えることで、全範囲を短時間で終わらすことを目的として作成されています。

 

そして、インプットが必要最小限ゆえに、シンプルで分かりやすい構造となっています。

 

FP2級は狭く深い試験でなく、広く浅い試験なので、

時間をかけてじっくりインプットする攻略より、

短期間で一気に突破する攻略の方が有効です!

 

一問一答問題が毎回、含まれている

インプットが本当にしっかりできているか、確認するためにアウトプット(問題集を解く)を行います。

 

しかし、いきなり過去問レベルはハードルが高い!

 

そんな時に役立つのが、一問一答問題である。

 

教科書(インプット)と問題集(アウトプット)の間に、一問一答問題が入ることにより、問題集の進捗が捗ります。

 

  • その日の学習の終わりに1回
  • 翌日に昨日の復習として1回
  • 土日に一週間の復習として1回

 

このように計3回、一問一答問題に触れておくと、よりインプットが強化されます!

(ユーキャンでは、1日の終わりに必ず一問一答問題が7~12問あります。)

 

また、重要項目がどこか分からない声も聞きますが、この一問一答問題は、特に重要な高い項目を抽出しているので、重要度の目安として参考しましょう。

 

網羅性に欠ける

FPの学校2級はシンプルの構造ゆえに網羅性には欠けます。

 

ネコルフ

網羅性と分かりやすさ、どちらも重視すると1,000ページ以上のボリュームになるので、仕方のないことだね。

 

そのため、数多くの問題に触れて、網羅性を補う必要が出てきます!

 

また、「テキストには載っていない語句が問題集に出てきたー」という声を聞きますが、FPの試験は広範囲なので、このような出来事は他のテキストでも発生します。

 

そんな時はネットで納得のいく答えを探せば良いだけです。

 

なお、ユーキャンの問題集では網羅性を補うことはできないので、他の出版社の問題集をおすすめします!

 

FPの学校2級はこんな人におすすめ

 

おすすめな点

最後まで勉強をやり抜けるか不安

独学での勉強経験が浅い

テキストでのインプットは、最小限で問題集に注力したい

 

ネコルフ

 ”みんなが欲しかった! FPの教科書”と同様に、FPの学校2級は初心者向けのテキストだけど、違いは以下の通り。

 

  • ”みんなが欲しかった! FPの教科書”は、理解に重点を置いている。
  • ”FPの学校2級”は、勉強計画に重点を置いている。

 

迷える子羊
独学に自信がない初心者の私はどっちが良いの?

 

ネコルフ

独学が苦手なら”FPの学校2級”だよ。まずは一通りやり抜かないと、土俵に上がれないからね。

 

ネコルフ
”みんなが欲しかった! FPの教科書”は、大人気だけど、独学で勉強できるのが前提条件だね。

 

FP2級独学合格:おすすめテキストのまとめ

この記事では、FP2級のおすすめテキスト3冊と、選ぶ際の基準についてお伝えしました。

 

FP2級のおすすめテキスト3冊と選ぶ基準をまとめたのがこちら。

 

テキスト選びの基準

分かりやすさ

網羅性

出版社

 

FPの学校2級

独学で勉強の自信がない

テキストでのインプットは最小限で、実践(問題集)で知識を深めたい

3つの中で分量が最もコンパクト

 

 

みんなが欲しかったFPの教科書

独学で最後までやり抜く自信がある

文章より図やイラストの方が理解しやすい

3つの中で最も売れている(好評)

 

 

最短合格2級技能士

文章を読んで理解し、淡々と独学勉強ができる

基礎知識・実務経験が十分にある

3つの中で中身が最も濃い

 

 

 

FP2級は市販の教材が多く、独学で勉強を決めた時に、教材選びが最初の壁となります。

 

そして、この壁を甘くみると、モチベーションや効率の低下を招き、下記のような事態に陥ります。

 

  • なかなか合格できない
  • 勉強過程で挫折

 

またFPは法改正に影響しやすい試験であり、合格が長引くと教材を再度揃える必要も出てきます。

 

そのため、まずは自分に合ったテキストを入手して、他の受験生より早く、スタート地点に立ちましょう!

 

当サイトでは、多忙だけど頑張るあなたを、情報発信という形で応援します。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

\FP2級おすすめ問題集はこちら/

あわせて読みたい

迷える子羊 FP2級を独学で勉強しようと決めたのだけど、市販の問題集が多くて、どれが良いかわからない。 そもそもFP2級って独学で合格できるの?   ネコルフ FP2級は受[…]

FP2級のおすすめ問題集
>銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

現役銀行員が自身の経験を基に「試験に効率的に合格できる勉強法」「実務に役立つ専門知識」「各種問題に対する思考法」などの記事を書いております。資格:FP1級、宅建、簿記2級、財務・税務・法務2級etc