FP2級独学向けおすすめテキスト3選【FP1級独学合格者が厳選】

FP2級を独学で勉強しようと決めたのだけど、市販のテキスト・参考書が多くて、どれが良いかわからない。

 

僕もFP2級を受験した際、周りに聞く人がおらず、教材選びには迷いました。

 

そんなわけで、実際に本屋に出向き、全ての教材に目を通したうえで、自信をもっておすすめできるFP2級テキストを紹介します。

 

FP2級独学者向けにおすすめできるテキストは以下3つです。

 

  1. みんなが欲しかった!FPの教科書2級(TAC)
  2. 最短合格2級FP技能士(きんざい)
  3. FPの学校2級(ユーキャン)

※クリックで該当項目に移動します。

 

また、本記事ではおすすめ教材の特徴とあわせて、テキスト選びで失敗しない3つのポイントも紹介します。

 

市販教材だけでFP2級を24日間で一発合格しています。

市販教材だけでFP1級を10週間で一発合格しています。

これまでに10名以上のFP2級不合格者を合格へと導いています。

 

こんな人におすすめ

数多くある市販テキストのどれが自分に合うか分からない

FP2級を独学で挑もうとしている

 

ネコルフ
FP2級の合格の秘訣は自分に合った教材効果的な勉強法を用いること!

 

≫あわせて読みたい:FP2級を独学で一発合格するための勉強法【誰でも実践可能!】

 

FP2級テキスト選びで失敗しない3つのポイント

FP2級のテキスト選びで失敗したくなければ、3つのポイントに気をつけましょう。

 

テキスト選びのポイント

①分かりやすさ

②網羅性

③出版社

 

FP2級テキスト選びのポイント①:分かりやすさ

FP試験の分野は、下記6つに別れていますが、実務や保有資格で関わりがない分野は、最初のインプットから苦労する可能性が高いです。

 

  1. ライフプランニングと資金計画(年金・社会保障)
  2. リスク管理(生命・損害・第三保険)
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業承継

 

なぜ、苦労する可能性が高いのか?

 

全体像や一連の流れがイメージできにくいからです。

 

この”イメージできにくい”を明確にさせるのが、テキストの腕の見せどころです。

 

また、分かりやすさを度外視すると、間違った解釈をしたまま突き進んだり、理解できない項目が積み重なってたりして、結果として、正しく理解できれば簡単に解ける問題も取りこぼすハメになります。

 

FP2級テキスト選びのポイント②:網羅性

テキストの役割は2つ。

 

  1. 最初のインプット
  2. アウトプット(問題集)で躓いたときのフォロー

 

FP2級は非常に範囲の広い試験のため、この2つの役割(インプット・フォロー)を果たそうとすると、網羅性が求められます。

 

また、市販問題集でよく見かける”テキスト+問題集”は、FP2級教材でも存在しますが、網羅性の点で不安があります。

 

そもそも、テキストと問題集をそれぞれ揃えても、網羅性では不安が残るのがFP2級試験なので、本記事では”テキスト+問題集”の一体型教材は除外しました。

 

FP2級テキスト選びのポイント③:出版社

FP2級は年間13万人程と受験者数が多い試験です。

 

そのため、出版社側の視点でみると、売上を伸ばせる場でもあるため、様々な出版社が参入しています。

 

そして、中には受験者からの支持が得られず、数年で撤退する出版社もあります。

 

このような現状から、FP2級の実績を出している出版社の方が、ハズレを引きにくいです!

 

  • 業歴が長い=受験者からの支持を得られている。
  • FP分野の業歴が長い=出版社の部門でも予算を確保
  • 予算確保により、より良質な教材を目指せる!!

 

ネコルフ
昔からFP教材を出版している会社の方が安心感はあるね。

 

FP2級独学向けおすすめテキスト3選

実際に本屋に出向き、FP2級独学向け受験者におすすめできると確信したテキスト3選は下記のとおり。

 

おすすめテキスト

みんなが欲しかった!FPの教科書2級(TAC)

最短合格2級FP技能士(きんざい)

FPの学校2級(ユーキャン)

 

ここからは各テキストの特徴とおすすめな人について説明していきます。

 

FP2級おすすめテキスト①:みんなが欲しかった! FPの教科書2級(TAC)

みんなが欲しかった! FPの教科書2級の惜しい点・良い点

惜しい点①:各項目の重要度が分からない

惜しい点②:中級以上の内容についてはカバーできていない

良い点①:分かりやすさに特化している

良い点②:分冊できるので持ち運びに便利

良い点③:出版社はTACの滝澤ななみさん

”みんなが欲しかった! FPの教科書2級”は問題集同様、FP2級市販教材のなかで一番人気が高い教材です。

惜しい点①:各項目の重要度が分からない

インプットにおいて、各課題の重要度判定や過去の出題傾向等を知ることは、非常に重要です。

 

しかし、”みんなが欲しかった! FPの教科書”では、重要度判定が記載されていないので、重要度の低い分野を必死に覚えてしまったり、逆に重要度の高い分野を疎かにしてしまうリスクがあります。

 

FPの知識を学ぶならムラなく学習することは大切ですが、試験合格にフォーカスした場合、重要度の高い項目に勉強時間を割くムラのある学習の方が効果的です。

 

対策としては、インプットにあまり時間を掛けず、早めに問題集に取り掛かること。

 

問題集を2回転すれば、重要度の高い・低いは分かってきます。

 

惜しい点②:中級以上の内容についてはカバーできていない

FP2級試験で絶対に落としてはいけない初級レベルの知識は、”みんなが欲しかった! FPの教科書”で十分に身につけられますが、一歩踏み込んだ中級・上級レベルの知識習得は難しいのが本音です。

 

したがって、”みんなが欲しかった! FPの教科書”を購入する場合、不足となる中級・上級レベルの知識を問題集で補う必要が出てきます。

 

ただし、注意したいのが、中級・上級レベルの内容をすべて網羅したテキストはそもそも存在しないため、FP2級で高得点を狙うのであれば、数多くの問題を解く選択肢しかありません。

 

良い点①:分かりやすさに特化している

”みんなが欲しかった! FPの教科書”は、店頭販売でもネット販売でも一番売れ行きが良い人気の教材です。

 

人気の秘密は、イラストや図解を積極的に用いて分かりやすさを徹底していること!

 

他のテキストでは文章だけで表現していることも、”みんなが欲しかった! FPの教科書”は図解で説明してくれるので、イメージが具現化され理解するまでのスピードが早まります。

(イメージの具現化は本質的な理解にも繋がります。)

 

FP2級の不合格者(未受験)の勉強でありがちなのが、理解ができない項目を放置したままの受験や、理解できない項目が積み重なり挫折してしまうこと。

 

しかし、”みんなが欲しかった! FPの教科書”からは、理解に苦しむ受験生を、少しでも減らそうとする気概が感じられます!

 

ただし、独特のフォントと色文字は好みがハッキリ別れるので、サンプル画面で必ず確認しましょう!

(イメージとしては女子のメモノート)

 

良い点②:分冊できるので持ち運びに便利

”みんなが欲しかった! FPの教科書”は、試験で出題される基本事項を漏れなくカバーしつつ、見やすさを重視して十分な余白も確保していることから、ページ数は多くなっています。

 

しかし、2冊に分離できるため、通勤時間等のスキマ時間など、持ち運びを前提としている方にとってはおすすめです。

 

とくにFP2級教材は分厚いものが多いので、持ち運び前提で考えているのであれば注意が必要です。

 

良い点③:出版社はTACの滝澤ななみさん

出版社は資格の大手専門学校であるTAC。

 

さらに著者は、”みんなが欲しかったシリーズ”で有名な滝澤ななみさん。

 

滝澤ななみさんは、FPに限らず、簿記や宅建などでも実績を出しています。

 

  • TACの試験分析ノウハウ
  • 滝澤ななみさんのコーチ力

 

”みんなが欲しかった! FPの教科書”は、この2つが合わさった教材であるため、絶対的な安定感があります。

 

みんなが欲しかった! FPの教科書2級がおすすめな人

文章主体の堅苦しい内容は苦手

テキストには網羅性より分かりやすさを求めている

 

FPはお金の試験であるため堅苦しい内容が多いですが、この教材では堅苦しい内容を図解や板書きで、FP初心者でも難なく理解してもらえるよう工夫されているので、堅苦しい内容には抵抗がある人におすすめです。

 

 

FP2級おすすめテキスト②:最短合格2級FP技能士(きんざい)

最短合格2級FP技能士の惜しい点・良い点

惜しい点①:教科書より専門書に近い

惜しい点②:値段はやや高め

良い点①:網羅性は高いので最後まで役立つ

良い点②:出版社はきんざい

出版社はFP2級試験の主催者である”きんざい”ですが、ややハードルが高いことから、他のサイトではあまり紹介されていません。

 

惜しい点①:教科書より専門書に近い

”最短合格2級FP技能士”は、読みながら”教わる”のでなく、読みながら”学ぶ”イメージの方が強いです。

 

そのため、受動的な態度でインプットしようとすると、つまずく可能性が出てきます。

 

そもそも、出版社の”きんざい”は、資格対策を生業にしているわけでないため、教えるノウハウが高いわけではありません。

 

もし、下記3つのどれにも該当しない場合は注意しましょう。

 

  1. 3級でしっかり基礎知識が身についている
  2. 実務分野で多くの分野に携わっている
  3. 理解し難い課題は、自分で積極的に調べる習慣がある

 

このように書くとデメリットが大きいと感じてしまいますが、受動的な知識より能動的に得た知識の方が、血となり肉となります。

 

幸いにも、ネット上には有益な情報がたくさんあるので、FP2級受験を機に調べる(ググる)習慣を身につけましょう。

 

僕自身も受験の勉強の際、馴染みのなかった不動産分野は、不動産会社のHPにお世話になりました。

 

販売会社のHPは、素人に分かりやすく伝えることに注力しているのでおすすめです。

 

惜しい点②:値段はやや高め

本家ブランドで足元をみているのか、他のテキスト価格は2,000円程度が大半のなか、”最短合格2級FP技能士”は税込み2,860円とやや高い。

 

ただし、学科が実技のどちらか落としても、受験料4,000円以上の損失が発生するので、相性が良いと感じたら、ケチらず買いましょう。

 

後述しますが網羅性は極めて高いので、試験勉強後半のアウトプットのフォローでも十分に活躍できる教材です。

 

良い点①:網羅性は高いので最後まで役立つ

FP2級試験の主催者である”きんざい”が出版していることから、試験範囲の内容はしっかり網羅しています。

 

テキストの役割は、テキスト選びでお伝えした通り以下2つ。

 

  1. 最初のインプット
  2. アウトプット(問題集)でつまずいたときのフォロー

 

”最短合格2級FP技能士”は、市販教材のなかで網羅性が最も優れているため、この2つの役割を十分に果たすことができます。

 

”最短合格2級FP技能士”は、堅い内容でハードルが高いことから賛否両論のテキストですが、それでもFP2級おすすめテキスト3選に挙げたのは『網羅性』に尽きます。

 

良い点②:出版社はきんざい

”最短合格2級FP技能士”の出版社は、FP2級の主催団体である”きんざい”です。

 

『出版社=主催団体』であるため、テキストに的外れな項目は入っていません。

 

ただし、勉強初期の段階では相手にしなくてよい中級・上級レベルの項目も、惜しみなく記載されていることから、使用時には注意は必要です。

 

最短合格2級FP技能士の特徴がおすすめな人

独学の勉強に慣れている

分からない項目を調べることは苦でない

テキストには網羅性を求めている

 

”最短合格2級FP技能士”は独学中級者向けのテキストです。

 

そのため勉強初期においては苦労はしますが、網羅性は高いので試験勉強後半のアウトプットのフェーズでも十分に活用できるテキストです。

 

FP2級おすすめテキスト③:FPの学校2級(ユーキャン)

FPの学校2級の惜しい点・良い点

惜しい点①:重要項目が分かりにくい

惜しい点②:インプットすべき量がやや少ない

良い点①:計画性を手助けしてくれる

良い点②:一問一答問題が多くインプットが強化できる

良い点③:出版社はユーキャン

FP2級通信講座で一番受講生が多いユーキャンが出版している教材のため、独学初心者でも安心して使用できる教材です。

 

惜しい点①:重要項目が分かりにくい

”FPの学校2級”テキストも、TACの”みんなが欲しかった! FPの教科書”同様に、重要項目が分かりにくいです。

 

そのため、テキストで頑張って覚えたのに実は出題率が低かったり、逆にさらっと流した部分が実は重要度が高かったりすることがあります。

 

対策としては”みんなが欲しかった! FPの教科書”で説明した通り、テキストによるインプットはほどほどにして問題集に力を入れること。

 

今自分が勉強している内容が、どのぐらい重要度が高いかは、実際に問題集を取り組んで肌で実感するのが一番手っ取り早いです。

 

惜しい点②:インプットすべき量がやや少ない

”FPの学校2級”は1分野を7日間で設定し、6分野を42日間で無理なく終わるように作成された教材です。

 

ただし、1分野を7日間で無理なく終われるようにすると、どうしてもインプットすべき内容が限られてきます。

 

そのため、テキスト内容をインプットしただけで過信せず、早めに問題集に取り掛かり、アウトプットで補強する必要があります。

 

具体策としては、休日など時間が取れるときは2~4日分を一気に進めて、なるべく早い段階でアウトプットの勉強に移行しましょう。

 

良い点①:計画性を手助けしてくれる

”FPの学校2級”の特徴は、1日の学習量が設定されています。

 

スケジュール管理は独学者の場合、合否に大きく影響してきます。

 

実際に不合格者に多いパターンが、6分野の中で勉強時間にムラができてしまい、以下のような中途半端な勉強結果になること。

 

  1. ライフプランニングと資金計画・・25%
  2. リスク管理・・25%
  3. 金融資産運用・・20%
  4. タックスプランニング・・15%
  5. 不動産・・10%
  6. 相続・事業承継・・5%

 

FP2級合格の秘訣は、基礎問題を取りこぼさないことです。

 

しかし、勉強計画が狂うと上記のイメージのようになり、基礎問題すら解けない事態に陥ります。

 

そんなわけで、一日ずつ勉強の分量が決められたユーキャンのテキストは心強いです。

(スケジュールの遅れにも気づきやすい!)

 

良い点②:一問一答問題が多くインプットが強化できる

インプットが本当にできているか確認するための有効な手段は、アウトプット(問題集を解く)を行うこと。

 

しかし、いきなり過去問レベルの問題をアウトプットで活用するのはハードルが高い。

 

そんな時に役立つのが、一問一答問題です。

 

教科書(インプット)と問題集(アウトプット)の間に、一問一答問題を入れることで、問題集を解くときにスムーズに事が進みます。

 

  • その日の学習の終わりに1回
  • 翌日に昨日の復習として1回
  • 土日に一週間の復習として1回

 

このように計3回、一問一答問題に触れておくと、インプットがより強化されます!

(”FPの学校2級”では、1日の終わりに必ず一問一答問題が7~12問あります。)

 

また、この一問一答問題では特に重要な高い項目を抽出しているので、重要項目が分かりにくいという惜しい点もカバーできます。

 

良い点③:出版社はユーキャン

出版社は通信講座で有名なユーキャン。

 

ユーキャンはFP講座に昔から注力しており、FP通信講座の受講生は最も多く、オリコンランキングでも常に3位以内に入るほど好評です。

 

そんなユーキャンのFP講座のノウハウは、”FPの学校2級”にもしっかり受け継がれているせいか、口コミなどを見ていても『シンプルながらも分かりやすい』と評価が高いです。

 

FPの学校2級がおすすめな人

最後まで勉強をやり抜けるか不安

テキストでのインプットは最小限で問題集に注力したい

 

”みんなが欲しかった! FPの教科書”と同様に、FPの学校2級は初心者向けのテキストだけど、違いは以下の通り。

 

  • ”みんなが欲しかった! FPの教科書”は『理解』に重点を置いている。
  • ”FPの学校2級”は『勉強計画』に重点を置いている。

 

FP2級を独学で勉強するのが不安であれば、計画性を重視した”FPの学校2級”のほうがおすすめです。

 

またインプット期間を42日間と圧縮して作成されているため、アウトプット重視の方にもおすすめです。

 

FP2級独学向けおすすめテキストまとめ

この記事では、FP2級おすすめテキスト3冊とテキストを選ぶ際の3つのポイントについてお伝えしました。

 

テキスト選びのポイント

分かりやすさ

網羅性

出版社

 

みんなが欲しかったFPの教科書(TAC)

文章より図やイラストの方が理解しやすい

おすすめ3選のなかで最も売れている(好評)

 

最短合格2級技能士(きんざい)

独学勉強が得意な中級者向け

おすすめ3選のなかで最も網羅性が高い

 

FPの学校2級(ユーキャン)

独学で勉強の自信がない

テキストでのインプットは最小限で実践(問題集)で知識を深めたい

おすすめ3選のなかで最も分量がコンパクト

 

FP2級は市販教材が多く、独学で勉強を進める際は、教材選びが最初の壁となります。

 

そして、この壁を甘くみると、モチベーションや効率の低下を招き、下記のような事態に陥ります。

 

  • なかなか合格できない
  • 勉強過程で挫折

 

またFPは法改正に影響しやすい試験であり、合格が長引くと教材を再度揃える必要も出てきます。

 

そのため、まずは自分に合ったテキストを入手して、他の受験生より早く、スタート地点に立ちましょう!

 

当サイトでは、多忙だけど頑張るあなたを、情報発信という形で応援します。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

\FP2級おすすめ問題集はこちら/

あわせて読みたい

迷える子羊 FP2級を独学で勉強しようと決めたのだけど、市販の問題集が多くて、どれが良いかわからない。   僕もFP2級を受験した際、周りに聞く人がおらず、とりあえず”きんざい”を買って、[…]

FP2級のおすすめ問題集
>銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

現役銀行員が自身の経験を基に「試験に効率的に合格できる勉強法」「実務に役立つ専門知識」「各種問題に対する思考法」などの記事を書いております。資格:FP1級、宅建、簿記2級、財務・税務・法務2級etc