ECCのFP2級・AFP通信講座がおすすめな人は?デメリットも徹底解説

ECCのFP2級通信講座 評価レビュー

【2022年5月更新】

FP2級を独学受験は不安なので通信講座を使おうと思うんだけど、FP2級おすすめ通信講座で上位にランクインしているECCってどうなんだろう。

ネコルフ

FP試験の通信講座っていくつかあるから迷うよね。ECCの特徴を簡単に説明するとこんな感じだよ。

メリット
デメリット
  • 67時間という圧倒的な動画講座
  • 選定された講師
  • フォロー体制が充実
  • 高い合格率
  • 実生活でも役立つレベルの知識が身に着く
  • AFP認定研修対象
  • 教育訓練給付金対象
  • eラーニング仕様ではない
  • 勉強期間は長い
  • テキストがフルカラーではない
ECCがおすすめな人
  • 全くのFP初学者
  • FP2級だけでなくAFP資格も取得したい
  • FPで学んだ内容を実務や生活で役立てたい
  • FP1級やCFPも視野に入れている

試験合格はもちろん、FP試験勉強を通じてお金の知識をガッツリ身につけたい人におすすめの講座です。

本記事ではECCのメリットだけでなく注意点もしっかり解説しますので、まずはご自身にとってECCが合っているか確認しましょう。

記事の信頼性
  • FP1級まで合格しており、FP試験の性質は理解しています。
  • これまでに10名以上のFP2級不合格者を合格へと導いており、FP試験の注意点も把握しています。

\今ならFP3級も無料でついてくる/

contents

ECCのFP2級・AFP通信講座の特徴

まずは運営会社や講座の概要、そして気になる価格について説明します。

ECCの業歴

運営会社は株式会社ECC。

1962年に英会話教育事業として設立。

1992年に通信教育事業に参入。

1998年に厚生労働省の「教育訓練給付金制度」の適用指定を受けた英語・英会話グループレッスンクラス開始。

2002年にECCウェブレッスン開始

ECCは教育事業として50年以上の歴史ある会社であり、教育のノウハウについては疑う余地がありません。

通信講座事業においても、20年の歴史があります。

FP講座についても英会話レッスンと同様に、審査が厳しい厚生労働省の「教育訓練給付金制度」の適用指定を受けているため、信頼度は高いです。

ECCといえば英会話をイメージしてしまうね。

ネコルフ

実は英会話以外にもECCは、幅広く事業展開をしているのだよ。

他の教育事業
  • メイクやネイルなどのプロのアーティストを育成するアーティスト専門学校
  • ゲーム制作やシステム構築などのスペシャリストを養成するコンピュータ専門学校

他にも下記のような語学以外の多岐に亘る事業を行っています。

  • 人材派遣事業
  • 通信販売事業
  • ヘルスケア事業
  • 法人へのコンサル事業
ネコルフ

ECCと聞いて外国語の学校と感じるのは、外国語に最も広告費を使っているからだよ。

ECCのFP2級・AFP講座の概要

各コースの共通事項は下記の通り。

対象コースFP2級+AFPのみ
学習方法モノクロテキスト
DVD(DVDは全てWEB視聴可能)
※WEBはインターネット環境が必要です。
合格率非公表
「教育訓練給付金制度」で調べたところ、令和2年年は71.7%
質問サポートメール
FAX
電話(回数無制限)
合格給付金非公表
※2020年7月調査では、謝礼金は3,000円であることを確認。
AFP認定研修対象
教育訓練給付対象(2コース)

AFP認定研修対象講座なので、FP3級未取得で実務経験がなくても、いきなりFP2級に挑戦でき、合格すればAFPも併せて取得できます。

ECCのFP2級・AFP講座の料金

コース①コース②
価格59,800円(税込)69,800円(税込)
教材内容AFP認定研修(課題)

2級FP技能士講座(Web視聴可)

過去問題集4回

3級講座(Web視聴可)
AFP認定研修(課題)

2級FP技能士講座(Web視聴可)

過去問題集4回

3級講座(Web視聴可)

2級FP技能士試験直前対策講座

予想模試(PDF)

教育訓練給付金制度を利用すれば、試験の合否に関わらず、ハローワークより20%の給付が受けられます。

期限内に添削問題の提出等、一定の修了要件を充たす必要はあります。また教育訓練給付金の対象に該当している必要があります。

給付金を利用すれば、コース1の場合、実質47,840円で受講できるんだね。

下記画像はコース1。

FP2級、59,800円の教材一式

コースは2つありますが、おすすめはコース①。

コース①と②では差額は1万円と大きく、その差額分で市販の問題集を購入したほうがコスパは高いです。

ECCのFP2級・AFP講座の惜しい点3つ(デメリット)

どんな講座にも必ずデメリットは存在します。

ECCのFP講座の惜しい点は以下3つ。

  1. eラーニング仕様ではない
  2. 勉強期間は長い
  3. テキストがフルカラーではない

順に説明していきます。

ECC惜しい点①:eラーニング仕様ではない

最近の通信講座で多いのがスマホ・タブレット主体の勉強法。(スタディングが最たる例です)

  • スマホで学習スケジュールの管理
  • スマホで問題演習を行う
  • スマホで苦手項目を分析する

ECCでは上記のようなスマホ学習システムはありませんが、一番肝心な動画講義はスマホでも視聴できます。

教材については、基本テキストは8冊に別れているため、持ち運びは容易ですし、通勤時間中の勉強にも使えます。

ネコルフ

市販教材を選択した場合、通勤時間などで勉強しようとすると、300~500ページ以上の重さの本を持ち運びするのが普通だよ。

電車に乗ると、問題集を手にしている社会人・学生も多く見かけます。

通勤時間や休憩時間に勉強するのであれば、eラーニングに無理にこだわる必要はありません。

ECC惜しい点②:勉強期間は長い

ECCのFP2級講座はポイントだけをしっかり抑えて、本番試験を6~7割で逃げ切る講座ではなく、安定して8割以上を目指す講座です。

67時間という長い動画講座が、逃げ切り講座でないことを物語っています。

視点を変えると、インプットである講義視聴だけで67時間を費やしてしまいます。(動画講義量は他の通信講座の倍以上)

一般的には、勉強期間が長いほど途中で挫折するリスクも高まると言われていますが、ECCのFP講座においては心配不要。

ECCは勉強期間と挫折リスクの関係を「≠」にするための措置(初学者向けの教材・専任スタッフよる進捗管理等)がなされているからです。

その努力の結果が、受験率(受験者数/申込人数)の高さ。

ECCの受験率は75%以上と高い数値で安定していることが分かります。

実際に調べてみても、受験率の高さと安定度でECCに勝るのは、一部の通学講座のみでした。

通信講座にも関わらず、受験率(受験者数/申込人数)が通学級なのも、努力の賜物だね。

勉強期間が長く設定されてることは事実ですが、挫折する可能性が低いうえに乗り越えれば合格により近づけます。

ECC惜しい点③:テキストはフルカラーではない

他の通信講座の教材ではフルカラー対応も多く、市販教材においてもフルカラーが浸透しているなか、ECCは未だにモノクロです。

テレビの話であれば、モノクロよりフルカラーの方が良いと言えますが、教材においては必ずしもフルカラーが優れているわけではありません。

モノクロであれば、テキストをあなた色に染めることができるからです。

あなたが勉強していく中で、重要箇所を色ペンや蛍光ペンで書き込んでいけば、色による強調は可能です。

この重要箇所は、動画講義や問題集を取組むなかで見つけ出していきます。

当然ながら、これまでの経験・環境が異なる他の人とあなたでは、重要箇所は一致するわけではありません。

このようにインプットの中で、自分だけのオリジナルを作成することが、ECCのFP講座の狙いなのです。

ネコルフ

見た目が綺麗で整理されたテキストのリスクは、それだけで分かった気になることだよ。

単純にモノクロとフルカラーのテキストだけで比較するなら、フルカラーに軍配は上がります。

しかし、ECCの場合は、主となるインプット教材はモノクロテキストでなく、他社を圧倒する動画講義の時間であることを忘れてはいけません。

ECCのFP2級・AFP講座がおすすめな7つの理由(メリット)

ECCのFP2級・AFP講座をおすすめできる理由は以下7つ。

  1. 67時間という圧倒的な動画講座
  2. 選定された講師
  3. フォローが充実している
  4. 高い合格率
  5. 実生活でも役立つレベルの知識が身に着く
  6. AFP認定研修対象
  7. 教育訓練給付金対象

順に説明していきます。

良い点①:67時間という圧倒的な動画講座

ECCの講義動画の時間数は、FP3級とFP2級合計でなんと67時間。

動画内訳

FP3級:23時間30分

FP2級:43時間30分

その他に、FP総論1時間30分、提案書2時間6分も用意されており、DVD数は計31枚となります。

他の人気FP通信講座の動画講義は下記の通り。

  • フォーサイトの動画講義はDVD9枚
  • スタディングの動画講義は19時間(FP2級のみ

ECCのFP試験に対する考え方は以下の通りです。

『FP技能検定試験の出題範囲は広く、過不足ない情報を学習していただくためには、どうしても67時間必要になります』

FPは大きく6科目に分けられますが、仮に動画講義時間が12時間だと1科目当たり2時間。

これまでFP2級を教えてきた立場からしても、2時間で基礎から応用までの出題範囲をカバーすることは難しいです。

動画時間が短いと講義は基本部分のみになり、応用や冗長部分は自身で勉強することになりますが、ECCでは応用や冗長部分まで講義にしっかり含まれています。

正直、応用や冗長部分の勉強は、人によってはかなりの労力を費やすことになります。

そんな労力を惜しむために通信講座を検討している人には、67時間というボリュームあるECCの講義は非常に頼もしいです。

独学と通信講座の大きな違いの1つが動画講義。

もし、あなたが動画講義に魅力を持って通信講座を検討されているなら、ECCは候補に入れるべきです。

良い点②:選定された講師

あなたはこんな講師に遭遇した経験がありませんか。

  • 棒読み
  • 自分ありきで勝手に話している
  • 分かりにくい
  • 講師自身がよく理解していない
ネコルフ

この事例の90%は自分の会社の内部研修です。完全に時間のムダです。

こんな講師の元では、動画講義など全く意味がありません

肝心なECCはどうかと言うと、動画講義を拝見しましたが、全く問題ありません。

僕自身も講師経験は何度かありますが、ECCのFP講義は短時間にも関わらず見習う点が多かったです。

よくよく考えたら当たり前かもしれません。

ECCは教育として50年以上のノウハウがあり、人にモノを教えるプロの集団組織です。

実際に、FP講座の担当である荻窪 輝明さんの経歴や資格を見ても、「なんで講師やっているの?」っていうレベルです。

荻窪講師の実績

荻窪公認会計士事務所代表、太陽グラントソントン税理士法人ディレクター。

公認会計士・税理士としての専門性を活かしながら、財務・会計、税金、経営・ガバナンス、株式上場、M&A、事業承継、事業再生などの支援、ファイナンシャル・プランナーとして、貯蓄、資産運用、教育資金、老後の生活、相続等の人生設計とお金に関する相談を受ける傍ら、講演、執筆、メディア活動などに携わっている。

荻窪講師の保有資格
  • 公認会計士
  • 税理士
  • CFP®認定者
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
  • プライマリー・プライベートバンカー(日本証券アナリスト協会認定)
ネコルフ

テレビ番組にレギュラー出演したり、本も出版している凄い方ですよ。

本人も自身の強み3つのうち1つが「わかりやすく伝える力」と自負していることから、講師についての心配は不要です。

>>荻窪講師のプロフィールはこちら

そんな荻窪講師ですら、初めてECCの教壇に立ったときは、ダメ出しの連続だったというエピソードがあり、ECCが講師の質に対して妥協を一切していないことが分かります。

動画講義はFP試験勉強のインプットの要となることから、インプットが捗ると余剰時間をアウトプットに回せ、結果として合格により近づくことになります。

良い点③:フォローが充実している

ECCは以下2つのフォローが充実しています。

  1. 受験勉強に挫折しないためのフォロー
  2. 受験者の質問に対するフォロー

①受験勉強に挫折しないためのフォロー

ECCは50年以上に亘り、外語学院を通じて数百万人もの生徒さんたちに繰り返し実施してきた、独自のカウンセリングノウハウがあります。

嬉しいことにECCのFP講座受講者も、このカウセリングのサービスを受けることができます。

具体的には、受験者が挫折しないために、専任のサポートスタッフから定期的に連絡があります。

この充実したサポートのおかげで、ECCのFP講座においては、合格率はもちろんのこと、受験率(受験者数/申込人数)が非常に高いことで有名です。

通信講座だから、教材を渡されて後はよろしくって感じじゃないんだね。

②受験者の質問に対するフォロー

FP2級の勉強をしていく中で、疑問点や分からない点は必ず出てくるものです。

もちろん、徹底的に調べれば解決はすると思いますが、労力と時間を費やします。

そんな労力と時間を節約できる質問サポートは、独学に対する通信講座の利点の1つです。

しかしながら、実情は質問回数に制限がある通信講座が大半です。

有名どころですと、フォーサイトのバリュー1コースは10回、スタディングはゼロ(なし)です。

ECCはなんと無制限です。

さらにメールやFAXでの質問だけでなく、営業時間内であれば電話でいつでも質問することができ、専任のサポートスタッフが対応してくれます。(電話対応は他の通信講座ではかなり珍しいです。)

ネコルフ

質問制限があると、ここぞという難所に備えて、なかなか有効活用ができないリスクがあるよ。質問もメールだと分からない項目を文章化して質問するのも一苦労なので、電話質問できるのは高ポイント。

メール、FAX、電話による質問回数に制限がないのは、それだけで安心できるよね。

教材を読み漁るより、人から教えてもらった方が時間は短縮できます。

短縮できた時間を問題演習(アウトプット)に費やしていけば、より合格に近づきます。

良い点④:高い合格率

ECCは全国平均を大きく上回る合格率を誇っています。

ECCは厚生労働省の教育訓練給付金対象であるため、公表している合格率の数字に偽りはないと思われます。(虚偽、誇大広告を行うと給付対象から外れるため)

実際、教育訓練給付金対象者の合格率は第三者でも調べることができ、調査してみると下記の通り合格率は70%を上回っています。

ECCのFP講座の合格率推移(令和2年)

上記画像は、事業者が厚生労働省に提出した内容であるため、信頼性は極めて高いです。

ネコルフ

他の教育訓練給付金制度の対象講座の合格率や受験率が気になるなら、自分の目で調べてみよう。

>>教育訓練給付金制度で合格率を確認してみる

制度を選択する項目は、一般教育訓練/特定一般教育訓練を選択してください。

良い点⑤:実生活でも役立つレベルの知識が身に着く

日本の外国語教育に対して「教科書で学習をしても、実際の会話では使い物にならない」という問題は良く聞きます。

ECCは、この問題に真っ向から立ち向かっており、より実践で使える講義を行っています。

この理念は外国語教育だけでなく、FP講座にも適用されます。

ECCの理念

単にFP資格取得の試験対策講座で合格することをゴールにするだけではなく、合格後に取得した資格や身に付けた知識を有効活用するところまでをサポートするのが本来あるべき姿である。

目先の目標として、FP試験に合格することはもちろん大事ですが、ECCでは合格はもちろん、その後の実生活や実務でも十分に対応できる講座内容になっています。

もし、あなたが下記のように考えているなら、ECCは選択肢に入れるべきです。

  • FP試験で得た知識を生活やビジネスで積極的に活用したい。
  • FP2級合格はゴールでなく通過点。

実際にECCでは、FP2級合格後のビジョンについても明確に描かれており、FP試験勉強で学んだ内容をプライベートやビジネスで役立たせるための『FP週末起業講座』も開催しています。

今一度、あなたがFPを受験する動機や理由を振り返ってみましょう。

ネコルフ

思い出せない人のためにECCのアンケート結果を紹介しておくね。

FP資格を取得しようとしたきっかけの割合を示した円グラフ

FP2級に相応しい知識が身につけるメリットして、FP1級の下準備が挙げられます

FP1級はFP2級の延長線上の試験でありますが難易度は非常に高く、通信講座もTAC・LEC・資格の大原といった一部の専門学校に限られます。

そのため、FP1級は独学で挑む人も多いのですが、ECCのFP2級・AFP講座でガッツリ勉強しておけば、FP1級の勉強も捗ります。

FP2級の内容まではECC講座でしっかり身に着け、FP1級は独学で挑む戦略もアリだね。

ネコルフ

これは僕の経験談ですが、FP1級の勉強で行き詰まる内容の大半は、FP2級レベルの理解不足。基礎をしっかり学ばないと応用問題が次々と出題されるFP1級レベルには太刀打ちできません。

良い点⑥:AFP認定研修対象

僕自身、FP1級に合格していますが『AFP』を名乗ることができません。

AFP認定研修を受講していないからです。

FP2級と同等のAFPを取得する場合、AFP認定研修を開講している機関に出向く必要がありますが、ECCのFP講座はAFP認定研修対象講座なので、難しく考える必要がありません。

課題となるレポートを提出して、学科(FP2級もAFPも同じ問題)と実技(FP2級とAFPで問題は異なる)に合格すれば、FP2級とAFPの2つが手に入ります。

日本FP協会のAFPは継続研修が義務づけられていることから、金融を権威性としたい方(保険外交員・コンサル・金融系ライターなど)が積極的に取得しています。

また、FP2級は受験資格があり、下記項目に該当する人がFP2級にいきなり挑戦する唯一の方法が、日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了することです。

  • FP3級に合格していない
  • FP業務に関し2年以上の実務経験を有していない
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級に合格していない
FP2級受験までの流れ

>>詳しくは日本FP協会HPにて

  • AFPの肩書きがほしい
  • いきなりFP2級に挑戦したい

このような人は、AFP認定研修講座を開講している機関を選択するのが得策となります。

余談ですが、AFP認定研修講座の対象となるためには日本FP協会の厳しい審査があるため、AFP認定研修講座の対象講座は、一定の外部評価を得られていると判断できます。

ネコルフ

AFP認定研修終了証に期限はないので、一度習得しておけば、いつでもFP2級を受験できるし、FP2級合格後にAFPに登録することも可能だよ。

仮に今回が不合格でも、次回もいきなりFP2級に挑戦できるし、合格したらAFPを名乗ることもできるわけね。

良い点⑦:教育訓練給付金対象

ECCのFP講座は、厚生労働省が管轄する『教育訓練給付金制度』の対象となっています。

『教育訓練給付金制度』の指定を受けるためには、厚生労働省の厳しい基準を満たす必要があります。

『教育訓練給付金制度』指定後も、受講者の状況や合格率が悪いと判断されると取り消されるため、認定を受けている講座は国のお墨付きであり、一定以上の質と信頼はあると判断できます。

『教育訓練給付金制度』には受講者にも大きなメリットがあり、要件を満たせば受講料の20%が還付されるため、ECCのFP2級・AFP講座のコスパが著しく上昇します。

コース1(59,800円)の場合、実質負担額は47,840円となり、10,000円以上お得になるね。

『教育訓練給付金制度』のフローチャートは以下の通りなので、当てはまるか確認しておきましょう。

教育訓練給付金制度のフローチャート

ECCのFP2級・AFP通信講座を6社と比較(比較表あり)

スクロールできます
通信講座名価格動画テキストスマホ学習質問サポート業歴AFP認定教育訓練給付
フォーサイト60,800~65,800
スタディング29,700~31,900
ECC59,800~69,800
資格の大原65,100~102,300
ユーキャン64,000
TAC101,000~108,000
キャリカレ40,700
価格は税込み

定番の通信講座6社と比較してわかったECCのFP2級・AFP講座の特徴は以下の通り。

  • 専門学校の中では値段は安い
  • 質問サポートは充実
  • スマホ学習(eラーニング)は期待できない

専門学校の中では値段は安い

ECCは資格の専門学校であるTACや大原と同様に、50年以上も「対面教育」と向き合ってきたプロ組織であり、そのノウハウは非常に高いです。

そんな教育ノウハウの詰まったECCの講座を59,800円~69,800円で受講できるのは、TACや資格の大原と比較すれば分かる通り、とてもお値打ちなことです。

動画講義を取り上げても、ECCの値段から見れば、コスパが高いことが分かるね。

質問サポートは充実

質問サポートにおいては、サポートが存在しない講座や、存在していても回数制限があったり、質問方法もメールやFAXに限られる講座が多いなか、ECCでは電話による質問豊富もOKなうえ、回数も無制限です。

質問サポートは独学にはない、通信講座の特権とも言えます。

独学でよくある試験勉強期間中の挫折を防ぐためのフォローも、ECCは力を入れていますので、初学者でも安心して受講できます。

せっかく受講したのに途中で挫折は避けたいところだよね。

スマホ学習(eラーニング)は期待できない

ECCは一流の動画講義をスマホ視聴は可能ですが、スマホで問題を解いたり勉強時間を管理したりすることはできないため、スマホでスキマ時間にアウトプットを検討しているようであれば、ECCは避けた方が良いです。

ただし、スマホ学習同様に通信講座の要となる動画講義は定評です。

スマホアプリによる時間管理はECCではできませんが、専任サポートスタッフによる学習状況の確認や定期的なフォロー体制は整っています。

アウトプットは紙ベースの問題集を解くスタイルであれば、ECCは選択肢に入れるべきです。

ECCのFP2級・AFP通信講座の口コミ・評判

ECCを利用した先輩たちの目立った口コミは3つ。

  1. コスパが高い
  2. 動画講義が充実
  3. 初学者でも安心

順番に紹介していきます。

【コスパが高い】の口コミ

ECCの講座はシンプルでまとまったテキスト、その中でもより要点を絞ったDVD講義、法改正レジュメでのタイムリーな情報連携、それでいてリーズナブルな価格と、非常に満足のいく内容でした。

28歳・女性

短期間でFP3級を受けずにFP2級が受けられる講座を探していたところ、AFP認定講座の中で、お得な価格とECCという安心感で迷わず、この講座を選びました。

45歳・女性

ECCのFP講座は、価格がリーズナブルでありながら、2級と3級の映像DVDが含まれており、テキストの内容も分かりやすく充実していました。また、FP2級受験の資格を得るための課題作成のための資料が分かりやすく、スムーズに課題を提出できたことから、ECCはFP2級講座の中でコストパフォーマンスは優れています。

41歳・女性

FP講座は安い買い物ではないからこそ、費用対効果は考えたいもの。

ECCのFP講座は通信講座とはいえ、独学より通学講座に近い分類。

それにも関わらず59,800円、かつ教育訓練給付金対象(20%還付)はコスパが高すぎます。

圧倒的な量の教材で59,800円

【動画講義が充実】の口コミ

DVD教材が豊富だったので、出勤や帰宅時の車内で学習ができ、効率的に知識を身に着けることができたと思います。

35歳・男性

DVDとテキストを併用しての学習が効果的で、テキストだけの勉強よりも何倍も理解しやすかったと思います。

49歳・男性

DVD講義はスマホでも視聴できることから、動画講義を主たるインプットとして取り入れている受講生が多いことが分かります。

70時間近い動画講義はFP2級の内容を網羅的に押さえることができるので、FP2級合格はもちろん、上位資格であるFP1級やCFP受験を検討されている方には、非常に心強い講座です。

せっかく縁あってFP試験を受験するのであれば、合格を最終ゴールにするのでなく、その後の生活や仕事においても役立てられるように、ガッツリ勉強していきましょう。

【初学者でも安心】の口コミ

教材が届いたときは量の多さに戸惑いましたが、取り組んでみると、ECCのFP講座の教材は、初めて勉強する人にも分かりやすく内容がまとまっていると感じました。

46歳・男性

お金に関する知識や数字が大の苦手な僕が、正直、国家資格のFPの資格を一発合格できたのは、ECCビジネススクールの荻窪さん(ECCのFP講師)のアドバイスとDVDや問題集・WEB講座・過去問題・提案書作成のノウハウなど、素人の僕でも解りやすく試験対策が充分に出来た点です。

42歳・男性

知識は全くなく不安ばかりの私でしたが、3級講座から始め、2級講座、AFP認定講座を順に追って学ぶことができました。途中ではECCさんより進捗確認電話も頂き、とても安心できました。

43歳・男性

ECCのFP講座は、FP初学者でも無理なくFP2級レベルに達することを目的としており『安心して受講できる』『初心者だからこそECCを選択した』という口コミが多かったです。

  • ECCのFP講座の動画講義のうち、23.5時間はFP3級に充てられていること
  • 質問サポート体制(メール・FAX・電話)が整っていること
  • 専任スタッフによる進捗管理があること
  • 教材はFP初学者を前提として作成されていること

教材の量は多いですが、サポート体制も整っていますので、まずは一歩を踏み出してみましょう。

ECCのFP2級・AFP通信講座をおすすめしたい人

ここまでお伝えしたECCの特徴、メリット・デメリット、口コミ・評判から、ECCのFP2級講座をおすすめしたいのは、下記のような人です。

ECCがおすすめな人
  1. 全くのFP初学者
  2. FP2級だけでなくAFP資格も取得したい
  3. FPで学んだ内容を実務や生活で役立てたい
  4. FP1級やCFPを独学を狙っている

ECCのFP2級・AFP講座は67時間という圧倒的な量があるため、初心者はもちろん、実務的な知識を身につけたい人にもおすすめです。

質問回数無制限や定期フォローも標準装備であるため、お金の知識がない方や試験勉強慣れしていない人には心強い存在です。

FP3級や実務経験はないけど、AFP資格を早く取得したい人には、ECCのようなAFP認定講座の受講にすることが最短の道になります。

①②③は、ここまで記事を読んでみて分かったけど、④はピンとこない。

ネコルフ

④は完全に僕の率直な意見なので、他のサイトでは見かけないね。

FP2級の通信講座で有名どころだと、ECC、フォーサイト、スタディング、ユーキャンなどが挙げられますが、どこもFP2級(AFP)までしか扱っていません。

そもそも、FP1級やCFPの通信講座は少なく、通学講座が主体となるため、通学が難しい人は独学を選ぶことになります。

FP1級(CFP)を独学合格するうえで大事なことは、基礎であるFP2級(AFP)をしっかり固めておくこと。

当たり前の話だけど、FP1級(CFP)とFP2級(AFP)は、別次元でなく同次元の上位互換だからです。

ネコルフ

FP2級試験では難問レベルの問題が、FP1級ではサービス問題として出題される感じ。

これは僕の実経験の話ですが、FP1級試験では3割の失点をしていますが、分析したら失点のうち3割ほどはFP2級の基礎を理解できていませんでした。

ECCのFP2級・AFP講座は、合格ギリギリを狙う講座ではなく、更なる高みを目指す講座であるため、ECCのFP講座でFP2級の勉強を網羅的に行えば、FP1級やCFPの勉強もスムーズに進みます。

また、CFPの受検資格においては、AFP認定者が必須であるため、ECCのFP2級講座で勉強して合格すれば、下記2つを一度に手に入れることができるため、一石二鳥です。

  1. AFP認定者
  2. FP1級(CFP)の下積みとなる知識

ECCのFP2級・AFP通信講座まとめ

本記事では、ECCのFP2級・AFP講座の特徴についてお伝えしました。

ECCのFP2級通信講座の特徴まとめ

メリット
デメリット
  • 67時間という圧倒的な動画講座
  • 選定された講師
  • フォロー体制が充実
  • 高い合格率
  • 実生活でも役立つレベルの知識が身に着く
  • AFP認定研修対象
  • 教育訓練給付金対象
  • eラーニング仕様ではない
  • 勉強期間は長い
  • テキストがフルカラーではない
ECCがおすすめな人
  • 全くのFP初学者
  • FP2級だけでなくAFP資格も取得したい
  • FPで学んだ内容を実務や生活で役立てたい
  • FP1級やCFPも視野に入れている

FP2級は独学で合格することも可能ですが、自分に合った通信講座を選択すれば、合格率は格段に上がるうえに、勉強時間も独学と比較して大きく圧縮できます。

忙しい会社員や子持ちの親にとって、時間の効率化は特に大事だよね。

通信講座を選択する際、価格は否応なく気になりますが、ECCにおいてはコスパも合格率も高いので、貴重な時間をお金で買えると思えば、むしろ安いぐらいです。

実際にECC決め手の半数以上が『価格』です。

ECCに決めた要因を円グラフ、1位は価格

本記事を読んで、ECCのFP2級講座が自分に合うと感じたら、まずは資料請求から一歩を踏み出しましょう。

資料はPDF形式でダウンロードでき、動画視聴も確認できます。

ECCのFP2級通信講座の資料請求の手順

手続きは2分もあれば終わります。

STEP
ECC公式サイトへアクセス
STEP
ECCのTOPページ下にある「資料請求」をクリック
STEP
氏名・メールアドレスを入力し「確認画面へ」をクリック
STEP
入力内容を確認したら「送信」をクリック
STEP
登録したメールアドレスに資料請求のリンクが送付

①ECC公式サイトへアクセス

まずはECCへアクセスしましょう。

ECC

②ECCのTOPページ下にある「資料請求」をクリック

スマホ版

ECCの資料請求スマホ版

PC版

パソコンの場合は『講座内容について』をクリック後に資料請求のページに飛びます。

ECCの資料請求方法①PC版
ECCの資料請求手順②PC版

③氏名・メールアドレスを入力し「確認画面へ」をクリック

ECCの資料請求入力画面

④入力内容を確認したら「送信」をクリック

ECCの資料請求確認画面

手続きは以上となります。

⑤登録したメールアドレスに資料請求のリンクが送付

ECCの資料①
ECCの資料②

送付されたリンクを開くと、資料ダウンロードや動画一部視聴が可能になります。

当サイトでは、多忙だけど頑張るあなたを、情報発信という形で応援します。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
contents