スタディング【応用情報技術者】通信講座で実力アップが見込める4つの理由

スタディング【応用情報技術者】通信講座で実力アップが見込める4つの理由

スタディング【応用情報技術者】通信講座で実力アップが見込める4つの理由

応用情報技術者試験はIT知識や実務経験が乏しいと、独学で勉強するのは大変な試験です。

 

そのため、大変さを緩和するために、通信講座を利用して勉強の効率性を高める戦略は正しいです。

 

ただ気になるのが、通信講座を利用すれば本当に実力が上がるのか?という点。

 

この疑問に応えるべく、2021年1月に新リリースされた、スタディングの応用情報技術者講座を実際に試してみました。

 

結論としては、以下4つの点から、スタディングの通信講座を利用すれば、実力アップが見込めます。

 

①動画講義が非常に充実している

②インプットとアウトプットが整っている

③スキマ時間をフル活用できる

④学習範囲は最小限に抑えられている

 

そんなわけで早速、本題に入っていきます。

 

この記事でわかること

スタディング講座で実力アップが見込める4つの理由

スタディング講座の特徴

スタディング講座の惜しい点3つ

スタディング講座が向いている人・向いていない人

 

  • 高校は普通科・大学は経済学部、本職は銀行員
  • IT非従事者ながら、独学で応用情報技術者試験に合格
  • ITパスポート、基本情報技術者は未取得

 

ネコルフ
実務経験がなかったからこそ、応用情報技術者試験の大変さが分かります。

 

メリットだけでなく、デメリットや注意点にも触れますので、判断事由の1つとして参考にしてください。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座で実力アップが見込める4つの理由

この記事の本題とも言える、実力アップが見込める4つの理由を詳しく説明していきます。

 

理由①動画講義が非常に充実している

スタディング講座における動画講義時間は以下の通り。

 

  • 午前試験対策:30時間
  • 午後試験対策:19時間

 

午後試験は半分近くは関係ないことを考慮しても、午前対策30時間、午後対策10時間の計40時間の動画講義は、非常に充実しています。

 

迷える子羊
そもそも動画講義って、テキスト熟読と比較して優れているものなの。

 

ネコルフ
動画講義は目で見て耳で聞くので、短時間でも効率的にインプットが行えるのが魅力。

 

例え同じ30分でも、テキストを熟読するのと、動画講義30分を視聴するのでは、インプットされる量が全然違います。

 

さらに言うのであれば、テキストだけの場合、内容を自分なりに解釈するのにも一苦労することが多いですが、動画講義の場合、難しい内容を分かりやすく噛み砕いて講義を行ってくれるので、インプットがスムーズに行えます。

 

迷える子羊
勉強時間が取れない人ほど、インプット時間が短縮できる動画講義は重宝するね。

 

迷える子羊
でも、これだけ量があると視聴しているだけで疲れそう。

 

スタディングの動画講義では、YouTubeと同様に倍速機能が整備されているので、倍速機能をうまく使えば時間調整も可能です。

 

倍速種類はデバイスによって異なりますが、最低でも1.5倍、2倍の2種類はあり、自分のPC(ウィンドウズ8)とiPhoneアプリでは、1.25、1.5、1.75、2、2.5、3倍速と6種類で設定可能でした。

 

また、通学講座と違って、講義のスピードも調整できるうえに、気になった部分は気軽に聞き直しできるところも、通信講座の動画講義の魅力です。

 

  • わからないところは、理解できるまで何度も繰り返して視聴
  • わかるところは、視聴を飛ばすのも自由
  • 復習で利用する場合は、倍速機能で視聴

 

ネコルフ
このような使い分けも可能だよ。

 

スタディングアプリ(iPhone、Android)をインストールしておけば、動画のダウンロードも可能なので、通信容量の心配はありません。

 

理由②インプットとアウトプットが整っている

知識を最も効果的に定着させる方法が、インプットとアウトプットの反復です。

 

そのため、独学で勉強する際も、テキストを熟読した当日か翌朝には問題を解くことを推奨しています。

 

ただし独学の場合、実は難点があります。

 

それはアウトプットの問題がいきなり過去問レベルになってしまうこと。

 

過去問の問題はレベルが高いうえに、中には難問も混入しているため、インプット直後に過去問レベルのアウトプットは、正直言って大変です。

 

ネコルフ
高校数学で例えるなら、微分・積分を教科書で学んだ後、いきなりセンター(共通)試験レベルの問題を解く感じ。

 

しかしながら、スタディングでは学んだ直後のレベルに合った基本問題が用意されているので、初学者でも効率よくインプットとアウトプットが反復できます。

 

実際の画像で説明すると以下の通りです。

 

まずは動画講義で効率よくインプット。

スタディング応用情報技術者講座の動画講義

動画講義では、ポイントを分かりやすく教えてくれるので、勉強の力の入れどころも分かります。

 

また、講座ごとにポイントが絞られていて、1講座につき1つの重要事項が理解できるペースになっています。

 

続いてインプットが的確に行えているか、確認するためのアウトプット。

スタディング応用情報技術者講座の問題

問題は解答だけでなく、解説も充実しています。

 

実際に問題を解いて感触が不十分と思ったときは、該当部分の動画視聴に戻って再インプットを行えば、知識はより定着します。

 

独学教材だと、基礎レベルの問題集がないため、インプットとアウトプットの反復に、かなりの時間を要します。

 

ネコルフ
そもそも学んだ直後なんて、問題の難易度も判別できないから、ついつい難問レベルでも、無理して理解しようと頑張ってしまうよね。

 

応用情報技術者試験は広範囲な試験なため、序盤から難問レベルのアウトプットまで行っていたら、先が見えてこず、挫折する可能性も出てきます。

 

迷える子羊
そう言えば、応用情報技術者試験の受験率(受験者数/申込人数)は65%と低めだったね。

 

ネコルフ
35%の中には、勉強計画が捗らず、挫折した人も多そうだね。

 

ネコルフ
かく言う僕も、アウトプットに苦戦したせいで、進捗度が当初計画よりかなり遅れ、試験を一旦見送ろうかなと思った時期があったよ。

 

理由③スキマ時間をフル活用できる

スタディングは、インプット(動画講義・WEBテキスト)はもちろん、アウトプット(○×の基本問題・過去問レベルの問題)も全て、スマホ1つで完結できます。

 

  • 通勤時間
  • 食事オーダーの待ち時間
  • お昼休憩の空いた時間
  • 待ち合わせの時間

 

スマホ1つで学習システムが完結しているため、上記のちょっとした時間でも、インプットもアウトプットも気軽に行えます。

 

さらに言うのであらば、スタディングは1講義5分程度のコマ切れで構成されているため、少しの空いた時間でも、インプットが行いやすいです。

 

迷える子羊
これまでSNSやネットサーフィンしていた時間をスマホ学習に充てれば、1か月後には、かなりの実力が身についてそう。

 

また、テキストもWEBで完結しているので、分厚いテキストを持ち歩く必要はなく、スキマ時間で文章や図解によるインプットもしっかり行えます。

 

ネコルフ
僕自身、昼休憩のスキマ時間を活かすために、分厚い教材を毎日持ち運びしていたから分かるけど、やはり重さは気になった。

 

個人的には、基本問題もスマホで手軽にできる点が特に魅力です。

 

応用情報技術者試験は広範囲のため、一通り勉強するのに数ヵ月はかかります。

 

そのため、これまでの復習を怠ると、最初に勉強した内容が、頭から綺麗さっぱり抜けてしまいます。

 

しかし、スタディングではスマホ1つで、時間・場所問わず手軽にアウトプットができるので、

  • まとまった時間では、新しい項目を勉強
  • スキマ時間では、これまで学んだ内容を、基本問題・過去問題で演習(アウトプット)

 

このような使いわけすることにより、これまで学んだ内容の知識を維持しつつ、一通り勉強ができます。

 

理由④学習範囲は最小限に抑えられている

迷える子羊
えっ、学習範囲が最小限ってデメリットじゃないの。

 

ネコルフ
いや、試験が広範囲な応用情報技術者試験では、メリットの方が大きい。

 

応用情報技術者試験を実際に勉強してみて分かったのが、とにかく範囲が広いこと。

 

そのため、一つ一つの項目に深入りしてしまうと、一周するのに膨大な時間を要してしまいます。

 

そもそも、応用情報技術者試験は、午前試験は広く浅く、午後試験は狭く深くと、傾向がはっきりしているので、試験合格を目標にするなら、深入りするのは午後試験に関連する分野だけで許されます。

 

また、実力を身に着けるなら、多くの演習問題を解くほうが効果的なので、インプットが短い(学習範囲が最小限)ことは、実は理に適っているのです。

 

実際にスタディングの講座を、試験勉強時に使用した教材片手に、動画講義を視聴してみましたが、さすがは社労士、中小企業診断士、FP等の国家資格を扱う通信講座。

 

重視すべき点は、しっかり抑えられていましたし、テキストを読むだけでは理解に苦しむ点も、実務経験がない人目線で分かりやすく解説していました。

 

応用情報技術者の午前試験は6割合格(48/80問)と、簿記や宅建士の7割合格と比較すると、難問の取りこぼしは許される試験なので、まずは一通り重視すべき点を優先して勉強していきましょう。

 

ネコルフ
午後試験で関わる分野は、午前試験の過去問レベルが解けるようになってから、深入りすれば大丈夫だよ。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座の特徴を再確認

スタディングは通信講座の中では有名で、2021年1月に受講者総数が10万人を突破しましたが、まだまだ周知がされていないと思います。

 

そんなわけで実力アップと直接的に関わるわけでないけど、是非知ってもらいたい4つの特徴(メリット含む)をお伝えします。

 

スタディング講座の特徴

①コスパが高い

②再講座は半額で受講可能

③進捗率を可視化できる

④受講数は右肩上がり

 

スタディング応用情報技術者講座はコスパが高い

スタディングは、午前対策も午後対策、インプットもアウトプット、テクノロジ系だけでなくマネジメント系・ストラテジ系も全て混みで、なんと43,780円(税込)

 

気になるコースの中身も簡単に紹介。

 

午前対策
基本講座(ビデオ/音声) 81講座 合計約30時間

<内訳>

テクノロジ:56講座

マネジメント:7講座

ストラテジ:18講座

WEBテキスト 81講座
※基本講座に付随
スマート問題集 81回
セレクト過去問集(午前試験) 23回

 

午後対策
午後試験 攻略講義 1回 約30分
各分野解説講座(ビデオ/音声) 36講座 合計約19時間
WEBテキスト 36講座
※解説講座に付随。
セレクト過去問集(PDF) 10回 20問

 

直前対策
直前対策模試(午前・午後) 午前・午後各1回

 

迷える子羊
これだけセットで43,780円はお得感があるね。

 

他の通信講座でも4万円台はありますが、受験経験者や基本情報技術者合格レベルが講座対象としていたり、インプットはテキストのみで、過去問対策の攻略だけが動画講義だったりします。

 

スタディング講座は、通信講座で重視されるインプット部分を、動画講義でしっかりカバーしてくれるので、情報初学者でも抵抗なく勉強できます。

 

また、それでも心配な方用に、+6,600円でITパスポート講座をセットできます。

 

ネコルフ
合格者にはお祝い金として、Amazonギフト券5,000円もありますよ。

 

ネコルフ

また、過去にスタディングの一部の講座を利用している場合、2,000円のスキルアップ割引も適用できます。

 

スタディングなら再受講は半額以下で受講できる可能性大

断定表現していないのは、応用情報技術者講座は2021年1月より開始したため、まだ再受講の募集はないから。

 

可能性が高いと書いたのは、下位資格であるITパスポート、基本情報技術者試験で再受講コースを設けているからです。

 

参考までに2つの再受講割引率を提示しておきます。

 

講座名 初回価格 再受講価格 割引率
ITパスポート 7,980円 3,680円 53.9%
基本情報技術者(初学者コース) 39,800円 13,900円 65.1%
基本情報技術者(合格コース) 33,500円 12,800円 61.8%

※価格はすべて税抜表示です。

 

ネコルフ
再受講割引は簿記やFP、宅建士といった他の資格でも設けられているよ。

 

迷える子羊
そもそも一発合格を目指すなら、再受講というネガティブなこと考えなくてもよくない。

 

ネコルフ

いや、応用情報技術者試験の合格率は20%程で安定しているように見えるけど、実は試験度によってバラつきが激しいから、再受講は視野に入れて損はない。

 

バラつきが激しい要因は午後試験の仕組み。

 

午後試験は全11科目あり、うちセキュリティは必須。

 

残り4科目を10科目の中から選択する仕組みです。

 

迷える子羊
なるほど、午後は人によって何を受験するか変わってくるんだね。

 

注視する点は、午後試験は科目によって難易度のバラつきが激しいこと。

 

僕自身、実際に過去問演習を行ってきましたが、同じ科目でも、年度によって高得点のときもあれば、ボロボロのときもありました。

 

そのため、万全の状態で受験しても、午後試験で選択した科目が運悪く、難易度の高い年度に当たってしまったら、不合格になる可能性はあります。

 

特に4科目のうち、2科目が難易度「高」に該当していたら、かなり絶望的です。

 

これは個人の見解ですが、応用情報技術者試験の合格率が安定しているのは、午後試験の配点で調整しているからだと思われます。

 

もちろん、どんな状況でも合格できるように準備することは大事ですが、不測の事態に備え、再受講割引も頭の片隅に入れておきましょう。

 

迷える子羊

情報処理関係の試験は、変化の流れが早いので、1年前の教材だと不安になるので、再受講で最新版が受講できるのは強みだね。

 

スタディングの学習システムは進捗率を可視化できる

スタディングの学習システムでは、講座の完了数はもちろん、学習レポートシステムにより、1日ごとの勉強時間(講義・問題・その他別)も自動で記録されます。

 

そのため、どの分野にどれだけ勉強したかが、一目で分かります。

 

特に応用情報技術者試験は範囲の広い試験であるため、先が見えてこないと焦りやモチベーション低下に繋がります。

 

逆に可視化して、日々の成果を確認することで、進捗が把握でき、勉強計画の細かい練り直しも可能となります。

 

特に忙しい社会人の場合、計画通りに勉強が進まないことは多々あるため、スキマ時間もフル活用はもちろんのこと、勉強計画の定期的な見直しも、合格に必要な作業に当たります。

 

迷える子羊
これまでの成果が可視化できると、積み上げを実感できてやる気も出てくるし、後には退けなくなるね。

 

ネコルフ

応用情報技術者試験は前述した通り、受験率(受験者数/申込人数)は65%と低いことから、試験申込みはしたものの、満足のいく勉強が出来ず受験放棄する人が多いことが分かる。

 

迷える子羊
満足のいく勉強にするためにも、進捗率を可視化して勉強スケジュールを調整しないといけないね。

 

スタディングの受講者数は右肩上がり。

スタディングは2008年に「通勤講座」という名で中小企業診断士講座を開始。

 

その後、宅建士やFPなど、多くの国家資格も取扱いを開始。

 

スタディング講座は年々、学習ツールが改良され、また取扱い講座も拡大したことにより、2021年1月には受講者数が10万人を突破しました。

スタディングの受講者数は2021年1月に10万人突破

迷える子羊
2020年2月は受講者数が6万人だったのに、僅か11カ月で一気に4万人も増加したんだね。

 

受講者数の増加は、評価材料の1つになります。

 

スタディングの市場評価は、受講者数の推移が物語っています。

 

せっかくお金を払うなら、信頼のある通信講座を選びたいものです。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座の惜しい点3つ

スタディング講座は実力アップに最適な講座ですが、惜しい(注意)点もあります。

 

スタディング講座を試してみて、実際に感じた惜しい点は以下3つ。

 

  1. 質疑応答サービスはなし
  2. 問題数がやや不足。
  3. 教材は全てWEB(紙面なし)

 

スタディング応用情報技術者講座は質疑応答サービスなし

スタディングでは、受講料を少しでも安くするため、質疑応答サービスはありません。

 

そのため、難問にぶつかった際は、自分で調べる必要が出てきます。

 

迷える子羊
自分で調べるのは不安だわ。

 

実はそこまで不安になることはありません。

 

なぜなら、僕自身の体験談となりますが、実際に勉強してみて、理解に苦しんで調べる場面は、初期のインプットが大半だったからです。

 

スタディング講座では、初期のインプット段階において、動画講義と基本演習問題の手厚いサポートが受けられるので、調べる作業は大幅に減らせます。

 

また、過去問レベルの問題演習でも、要所で調べることは出てきますが、基本部分が分かっていれば、ググって調べるハードルは低くなります。

 

迷える子羊
何が分からないか分からない初期時点での調べる作業は本当に大変。

 

ネコルフ
情報初学者の独学が大変と感じるのは、インプット序盤の調べる作業だよ。

 

それでも不安と感じる方は、こちらのサイトをご利用ください。

 

>>「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

 

僕が独学時代に調べる際に一番お世話になっていたサイトです。

 

他にもヤフー知恵袋はオススメです。

 

スタディング応用情報技術者講座は問題数がやや不足

スタディングでは、動画講義の後の基本問題(○×問題)とは別に、過去問題集もしっかり用意されています。

 

ただし、応用情報技術者の午前試験は、4割以上が過去問から出題されていることを鑑みると、問題数はやや不足の印象があります。

 

ただし、このデメリットに関しては、無料で簡単に解決できます。

 

なぜなら、下記サイトを利用すれば、スマホ1つで、過去問全てを解くことができるからです。

 

>>応用情報技術者試験ドットコム

 

ほとんどの問題に解説がついており、科目別に抽出もできるので、苦手分野の補強にも利用できます。

 

ネコルフ
応用情報技術者試験ドットコムは独学時代、アウトプットで一番お世話になったサイトだったよ。

 

スタディング応用情報技術者講座は全てWEB教材

スタディングの教材は全てWEBで完結するため、紙面主体の勉強に慣れている方は違和感を覚えます。

 

また注意点として、オンライン学習に慣れている方も、午後試験の演習については、紙面で解くようにしていきましょう。

 

なぜなら、本番試験は全て紙面であり、午後試験においては、問題文に線を引いたりメモしたりすることが多いため。

 

ネコルフ
午後試験は、試験本番と同じ環境で勉強した方が良い。

 

幸いにも、スタデンィング講座はテキストも問題集も直前模試も、全て印刷可能なので、状況に応じてWEBと紙面を使い分けしましょう。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座が向いている人・向いていない人

 

  • スマホ学習に抵抗がない
  • 受講料を安く抑えたい
  • 基礎から動画講義でしっかり学びたい
  • まとまった勉強時間が取れない

こんな方はスタディング講座を視野にいれましょう。

 

  • 午前試験は自信がある
  • 午後試験を徹底対策してほしい
  • スマホ学習は苦手

スタディングは初学者向けの総合講座に対して、他の講座では、

  • 午後試験だけ
  • テクノロジ系だけ
  • 一定のIT知識を有している人向け

 

このように特定ターゲットを対象とした講座が用意されているので、一部分だけを通信講座で勉強したい方は、他の講座を視野に入れた方が良いです。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座のメリット・デメリットを自分で調べる方法

スタディング講座は、ネット上にたくさん情報が載っていますが、所詮は他人の意見。

 

大事なことは、あなた自身で実際に試してみることです。

 

実際に使ってみると、ネット上では否定的に書いてあることが案外気にならなかったり、メリットとしてよく目にするのに、自分にとってはあまりメリットと感じないこともあります。

 

スタディング講座では有り難いごとに、無料で学習システムを体験できるので、まずは一度試してみることをオススメします。

 

ネコルフ
他の講座と違い、個人情報の登録は不要で、入力内容はメールアドレスとログイン用のパスワードだけで良いよ。

 

無料登録手続きは1分で終わります。

 

  1. >スタディングへアクセス
  2. スタディングTOPページにある「無料お試し」をクリック
  3. メールアドレス、パスワードを入力し、画面下の「送信」をクリック
  4. 届いたメールのリンクをクリック

 

①スタディングへアクセス

まずはスタディングへアクセスしよう。

 

\個人情報の入力不要/

 

オンライン資格講座 スタディング

 

②スタディングTOPページにある「無料お試し」をクリック

スタディング講座の無料お試しをクリック

 

③メールアドレス、パスワードを入力し、画面下の「送信」をクリック

スタディングのメールアドレスとパスワード入力画面

 

④届いたメールのリンクをクリック

 

一度、無料登録すれば、他の講座も簡単にお試しできます。

 

スタディング【応用情報技術者】通信講座まとめ

本記事では、スタディング講座で実力アップが見込める4つの理由、スタディング講座の特徴についてお伝えしました。

 

実力アップが見込める4つの理由

①動画講義が非常に充実している

②インプットとアウトプットが整っている

③スキマ時間をフル活用できる

④学習範囲は最小限に抑えられている

 

スタディング講座の特徴

①コスパが高い

②インプットもアウトプットも整っている

③進捗率を可視化できる

④受講者数は右肩上がり

 

本記事を書くにあたり、実際に講座を試してみましたが、使い勝手は良く、スタディング講座の受講者数が、1年弱で4万人増えるのも納得できました。

 

スタディング応用情報技術者講座はコスパが高く、リーズナブルな価格なので、まずは無料登録で動画講義や学習システムを実際に体験してみましょう。

 

\手続きは2分、個人情報の入力不要/

当サイトでは、多忙だけど頑張るあなたを、情報発信という形で応援します。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

>銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

銀行業務に携わる資格の勉強法・思考法を発信

現役銀行員が自身の経験を基に「試験に効率的に合格できる勉強法」「実務に役立つ専門知識」「各種問題に対する思考法」などの記事を書いております。資格:FP1級、宅建、簿記2級、財務・税務・法務2級etc